手間なく売りたい方
【不動産買取】

  • HOME
  • 手間なく売りたい方【不動産買取】

不動産買取の基礎知識

所有する不動産物件を手間なくスピーディーに売却したいのであれば、不動産買取がおすすめです。売却までの期間が短いだけでなく、条件面にもメリットがあります。ただし、デメリットについても理解しておかなくてはなりません。こちらでは、京都府宇治市のイエローハウジングが不動産買取の基礎知識についてご紹介します。

不動産買取とは?

不動産買取とは?

不動産売却においてもっとも多く用いられている仲介売却。しかしこの手法は、買い主様がいてはじめて成立するものです。そのため、状況によってはいつまでも不動産が売れ残ってしまうことも少なくありません。一方、不動産買取は不動産会社が直接不動産物件を買い取る仕組みです。価格や条件のすり合わせはあるものの、基本的にはスピーディーな売却が実現。今すぐ不動産を現金化しなくてはならない方や、事情があって短期間の内に不動産を手放さなくてはならない方におすすめの手法です。

不動産買取のメリット

不動産がスピーディーに現金化できる

仲介売却の場合は、不動産査定をしてから購入希望者を募るために販売活動が行われます。その後、内見や交渉などを経て、ようやく売買が成立。しかし、買い主様の希望次第では、引き渡しまでに時間がかかることも。不動産買取には販売活動自体がなく、すぐに不動産を現金化できるというメリットがあります。※残置物を残したままの引き渡しや売買代金受取り後に一定期間明け渡しが猶予される場合もあります。

仲介手数料がかからない

不動産売却の代表的な費用として挙がる仲介手数料。しかし、これはあくまで不動産会社が“仲介”をした場合に発生する成功報酬であり、不動産買取では不要です。仲介手数料は金額的にも売却価格の3%+6万円(税抜き)となり決して安いものではありませんので、その支払いがなくなるのは大きな利点です。

プライバシーが守られる

仲介売却で実施される販売活動には、新聞チラシやポスティング、インターネット情報サイトへの掲載といった広告が含まれます。しかしなかには、不動産売却をご近所さんに知られたくない、という方もいらっしゃるでしょう。不動産買取の場合は、そもそも販売活動がありませんから広告は一切なし。近隣の方に知られる心配もなく、プライバシーが守られます。

補修義務が免責される

個人間で不動産を取引した場合、売り主様側には瑕疵担保責任が課される場合があります。ここで言う瑕疵とは、一見しただけではわからなかった建物の欠陥のこと。発見されれば売却後であっても売り手側が補修の義務を負います。ただし、不動産買取は個人対不動産会社の取引です。そのため、売り主様が本来負うはずだった瑕疵担保責任は免責になります。

内見などの手間がない

不動産買取には販売活動がありませんので、当然内見なども不要になります。購入希望者に対してよい印象を持ってもらうために室内を整理したり、水回りのメンテナンスを行ったりといった必要もありません。現状のまま買い取ってもらえるのは大きなメリットです。忙しくて内見対応が難しい方にもおすすめです。

様々な利用価値を見い出せる

一般的に多くの買い主様は自己の居住用として不動産をお探しです。自分で買ってから解体・分譲・造成を行う又は、賃貸経営をするなどを好む方は少数です。不動産会社が買取を行う場合、分譲が必要な場合は、それに対応し、賃貸向きの物件はその特性を生かした査定が出来ます。

不動産買取のデメリット

仲介売却に比べて売却価格が安くなる

不動産会社が不動産買取を行う場合、そのほとんどは再販が目的です。しかし、再販のためにはリフォームや事務手数料、人件費など、さまざまな費用が発生します。不動産買取で算出される買取価格というのは、これらの費用を差し引いた金額になるのです。そのため、仲介売却に比べると売却額はどうしても低くなります。一般的には、20%〜30%程度安くなる傾向にあります。スピード感や手間がないといったメリットと見比べて、このデメリットを許容できるかが不動産買取を選ぶ際のポイントと言えるでしょう。